人事課題
2020/03/17

管理職の役割とは? 管理職が意識すべき心得5つ

管理職に登用されると、責任を持つ範囲が広がり、自分自身の業務のほかに管理職として意識していかなければならないことが増えます。この記事では、管理職の役割や意識すべき心得について紹介します。

1.管理職の役割について

管理職の役割として期待される主な役割は「業務の管理・改善」「部下の育成」「経営理念・方針の浸透」の3つです。それぞれ具体的に説明します。

1-1.業務の管理・改善

一般社員の場合、日々の業務を確実にこなすのはとても大事なことです。しかし、管理職ともなると、それだけではなく、チームとしてどのような成果を出せるか、組織経営の視点が必要です。

業務を遂行するため、手段やスケジュールを考えるだけではなく、部下のスキル・経験や、成長を踏まえたうえで、適切に割り当てることが大切でしょう。加えて、ビジネス環境の変化やチームメンバーのスキル・経験に対応していくには、適宜業務プロセスを見直し、改善していくことが必要です。

1-2.部下の育成

円滑な組織運営のためには、管理職の管理能力だけではなく、部下の成長も重要なカギとなります。部下とのコミュニケーションは、単に業務の進捗だけを確認するのではなく、「何が得意、不得意なのか」「どのような経験が不足しているのか」までを把握することで、部下の強みや弱みの理解につながります。これらの情報は、部下を育成し、キャリアプランをともに考えていくうえで、欠かせません。

1-3.経営理念・方針の浸透

管理職は、経営理念や方針を自分のチーム・部下に浸透させる役割も担います。いかに有能な社員が集まったとしても、それぞれバラバラな方向を向いていては組織としての成果を最大化できないからです。管理職は経営層から提示された理念や方針を部下が理解しやすい言葉に翻訳し、行動につながるよう浸透させていく必要があります。これらは一朝一夕で浸透するものではありません。日々の判断や部下とのコミュニケーションに経営理念を取り入れることによって、組織としての価値観を共有しましょう。

2.管理職が意識すべき心得5つ

ここでは、管理職が特に意識すべき心得を5つ紹介します。部下の自発性を重んじるタイプ、手厚く指導するタイプなど、育成方法にもさまざまなスタイルがありますが、この5つの心得は、どのタイプにおいても管理職として必要な共通の心得といえるでしょう。

2-1.自ら率先して部下とコミュニケーションをとる

部下とのつながりを重視することは、業務を円滑に遂行していくうえでとても大切です。コミュニケーションを通じ、業務の状況だけではなく、部下の性格や能力などを知ることができます。

さらに部下とのコミュニケーションは、自分自身を部下に理解してもらうことにもつながります。自分が伝えたいメッセージを、確実に部下に理解してもらえるようになるでしょう。自分では明確に指示をしたつもりでも、意図した通りに受け取ってもらえないことは多々あるものですが、日ごろからコミュニケーションがとれていると、このような事態をできるだけ回避することが可能です。

2-2.風通しの良い職場環境をつくる

チームの一人一人が責任感を持つことは大切ですが、管理職が部下に対してあまりプレッシャーをかけすぎると、「未達成はゆるされない」「失敗してはならない」と感じさせてしまい、悪い方向へ向かってしまうおそれがあります。ゆとりのないこのような職場環境では、目の前のことに精一杯になってしまい個々人が積極的な姿勢で、新たなことに挑戦するのは難しいでしょう。困ったときにすぐに相談できたり、部下が上司に気軽に話ができたりする環境づくりは、職場の雰囲気を変えるだけでなく、社員の前向きな気持ちを醸成します。

2-3.部下の失敗の責任を取る

部下が失敗したときこそ、その上司の力量が見えるともいいます。失敗をただ叱責したり、責任を追及したりするだけの上司は、部下からの信頼を損ないます。一方、部下の失敗に対し、その対応をともにするなど、失敗をフォローしてくれる上司は部下にとって頼もしい存在であり、上司と部下の信頼関係は強固なものになるでしょう。また、部下の失敗によって、お客様先へ謝罪するのはもちろんのこと、社内にも迷惑をかけた場合は、指揮命令の立場であった上司からもしっかりと謝罪をし、社内の関係性を良好にすることも大切です。

2-4.管理職自身も成長意欲を持ち続ける

部下の成長を思い、さまざまな研修や自己啓発の場を与える管理職も多いでしょう。しかし、教育する立場である管理職自身も率先して、自身の成長のために、努力し続けることが大切です。管理職が自身の成長を前向きに考え、自己啓発への取り組みを見せると、その姿勢が部下にも伝わり、チーム全体の士気の向上が期待できます。

2-5.管理職から率先して休暇を取る

上司や管理職が遅くまで残業をしている、なかなか有給休暇を取らない……このような状況の場合、その部下は定時に帰ったり、休んだりしづらいと感じるケースも少なくありません。まず管理職から率先して休暇を取ることで、働きやすく、休みやすい職場づくりにつながります。ただし、部下の業務の状況を考慮せず、自分の休みたいタイミングで休む管理職は、部下からの信頼を損ないかねません。休む際は、しっかりと引き継ぎやコミュニケーションを行い、「休んでも大丈夫」な組織風土をつくりましょう。上司不在の機会を適切に設けることによって、職場に残された部下が上司に頼らず自律的に判断するなど、能力開発につながることも期待できます。

他の転職サービスとの「違い」が3分でわかる

3分でわかるビズリーチ

2009年の創業から、日本の転職市場に新たな選択肢と可能性を創り出してきたビズリーチ。12,800社以上(※)に選ばれた「ビズリーチ・ダイレクト」の特長を紹介いたします。

※累計導入企業数:2020年2月末時点

無料 資料をダウンロードする
SHARE
FACE BOOK TWITTER はてな