採用課題
2020/05/11

理想の人材を採用したいなら「採用マーケティング」を導入しよう

理想の人材を採用したいなら「採用マーケティング」を導入しよう

人手不足が深刻な状況となるなか、優秀な人材の確保はますます難しくなっているでしょう。企業にとって優秀な人材の確保は、事業を成長させるために、非常に重要なカギを握ります。そこでマーケティングの考え方を採用にも適用した「採用マーケティング」という手法があります。

この記事では、採用マーケティングの考え方を紹介するとともに、効率的な採用活動を実現したい採用担当者に向けて、具体的な実践方法について解説します。

1. 採用マーケティングとは

採用マーケティングとは、採用活動にマーケティングの手法を取り入れたものです。マーケティングでは、ターゲットやターゲットのニーズを明確化し、効率的にアプローチしていきます。採用活動にも、マーケティングの考え方や手法を取り入れることによって、自社で採用したい人材への効率的なアプローチが可能になります。

関連情報(https://bizreach.biz/media/nitori/)

bizreach.biz

2. なぜ採用マーケティングを行う必要があるのか

なぜ採用マーケティングを行う必要があるのか

優秀な人材を確保するためには、採用マーケティングが必要であるといわれているのは、なぜなのか。その主な理由2つについて、説明します。

2-1. 採用競争が激化しているなかで優秀な人材を採用するため

1つ目の理由は、採用活動が激化しているなかで、優秀な人材を確保するためです。
「売り手市場」といえる現在の採用市場においては、人材の採用競争が激化しています。優秀な人材には、複数の企業がアプローチを行い、従来の採用スピードに比べるとかなり短期間で内定を出してしまうケースも珍しくありません。

そのため、「求人に応募してきた/人材紹介会社に紹介された人材のなかから、じっくり採用候補者を選ぶ」というやり方ではスピードで負けてしまうこともしばしばあるのです。

2-2. 多様化する求職者のニーズに合わせた情報発信を行うため

2つ目の理由は、多様化する求職者のニーズに合った情報発信を行うためです。採用マーケティングを導入することは企業からのアプローチを効率化するだけでなく、多様化する求職者のニーズに応えることにもつながります。

日本で長く続いていた終身雇用体制が崩れると同時に、求職者の求職理由も企業の規模や安定性といったものだけでなく、個人の価値観に合わせて多様化しています。たとえば、企業の知名度よりも自身のキャリア形成ややりがい、副業の可否などを重視するケースも増え、大手志向の人ばかりとは限りません。

つまり、従来よりも多面的な視点で企業を判断する傾向が強まっており、求職者が求職活動中に知りたい情報も多様化。つまり、企業側で「欲しい」人材を確保するためには、積極的に自社の情報を発信していく姿勢が重要です。どのような情報を発信すべきかについては採用マーケティングの考え方を適用しながら、自社の求める人材像をしっかり分析することで明確になっていきます。

関連情報(https://bizreach.biz/media/7734/)

bizreach.biz

関連情報(https://bizreach.biz/download/evp/?trcd=1HRRV0000292_PC_)

bizreach.biz

3. 採用マーケティングを導入することによるメリット

採用マーケティングを導入することによるメリット

次に、採用マーケティングを導入することで、企業にどのようなメリットがあるか、紹介していきます。

3-1. 採用活動にかかるコストを抑えられる

採用マーケティングを導入すれば、求人媒体や人材紹介会社などの仲介業者を通さずに採用成功につなげることも可能になります。その結果、広告掲載料や紹介手数料などのコストを削減できるのです。

ただし、導入直後から効果が出るものではないため、導入直後は手間がかかり、社内リソースを圧迫することもあるかもしれません。しかし、結果的には、そうした積み重ねが自社の資産となり、持続的に採用活動に活用できるのです。

担当者が変わっても、採用マーケティングによって蓄積された資産をもとに、効率的な採用活動が行えることもあり、長期的に考えると経済的だといえるでしょう。さらに、顕在層だけでなく潜在層もターゲットに含めることによって、長期的に安定して人材を採用できるるようになるでしょう。

3-2. 自社にマッチする人材を見つけやすくなる

採用マーケティングでは、求める人材に「この会社に入社したい」と思ってもらえるような情報発信を心がけます。採用情報に限らず、会社の理念やサービスのこと、社長、社員、組織風土や福利厚生などさまざまな角度から魅力を積極的に伝えるのです。こうした地道な情報が転職意向の有無にかかわらず、自社にマッチした人材を引き寄せるようになります。

関連情報(https://bizreach.biz/download/talentpool/?trcd=1HRRV0000275_PC_)

bizreach.biz

4. 採用マーケティングに活用できる思考法やフレームワーク

採用マーケティングに活用できる思考法やフレームワーク

採用マーケティングのメリットを理解したうえで導入したいと思っていても、具体的に何から始めたらよいかわからないという人も多いのではないでしょうか。ここからは、採用マーケティングを導入するうえで知っておくと便利な考え方やフレームワークについて紹介します。

4-1. カスタマージャーニー

カスタマージャーニーとは、消費者が商品を認知して購入に至るまでの一連のプロセスを「旅」にたとえた言葉で、マーケティングやセールス活動でよく使われるフレームワークでもあります。採用マーケティングにおけるカスタマージャーニーは、求職者の行動や思考、感情などの変化をプロセスごとに分けて分析していきます。

企業目線でなく求職者目線でのアイデアを出せることがメリットの一つでしょう。マッチング精度が上がり、早期退職のリスク回避にもつながります。

4-2. 3C分析

3C分析とは、ビジネス環境を、Customer(市場・顧客)、Competitor(競合)、Company(自社)という3つの視点から分析して成功要因を見つけるためのフレームワークです。採用マーケティングにおける3C分析では、顧客を「自社が求める人材」に置き換え、その人たちが何を求めているのかを考えます。

さらに、競合他社と比べた自社の強みや弱みをしっかりと分析することで、採用市場における自社の立ち位置や課題、アピールすべきポイントが明確になります。求める人材を採用するためにはどのように他社と差別化したらよいか、効果的な施策を打ち出せるようになります。

4-3. ペルソナ

ペルソナとは、顧客のニーズを把握するために作り上げた架空の人物像のことを指し、顧客の行動や思考、心理を分析するためにマーケティング活動においてよく利用されています。採用マーケティングにおけるペルソナとは、自社のニーズに合った候補者のことを指します。自社が採用したい人物像をスキルだけではなく、人柄や志向性などできるだけ具体化することによって、条件に合う求職者のイメージを明確にでき、面接など採用にかかわるさまざまな社員の間で的確に共有することが期待できます。

4-4. STARフレームワーク

STARはそれぞれSituation(状況)、Task(課題)、Action(行動)、Result(成果)の頭文字を並べたものであり、面接の場で用いると効果的なフレームワークです。STARフレームワークを利用した面接では、求職者の過去の行動に焦点を当てて質問していきます。
この質問方法により、求職者の考え方や思考プロセスと、実際に起こした行動に迫ることができ、言動の一貫性を判断できます。その結果、自社とのミスマッチがないか、また長期的に自社で活躍してくれそうな人材であるかどうかを、より正確に見極められるでしょう。

関連情報(https://bizreach.biz/download/persona/?trcd=1HRRV0000268_PC_)

bizreach.biz

5. 採用マーケティングを導入して理想の人材を採用しよう

採用マーケティングを導入して理想の人材を採用しよう

少子高齢化による労働力不足は年々深刻化しており、今後も企業間における厳しい採用競争は続くでしょう。優秀な人材の採用は企業の事業を長期的に安定させるうえで大変重要です。
採用マーケティングの考え方を導入することにより、より効率的でスピーディな採用活動が可能になります。この機会にぜひ採用マーケティングを導入し、自社にとって必要な人材に積極的にアプローチしてみてはいかがでしょうか。

「こんな経歴を持った人がいるか知りたい」とお考えなら

12,800社以上(※)に選ばれた「ビズリーチ」のデータベースの中から、業種や職種など6つの条件を組み合わせ、 簡単かつその場で貴社の採用要件に合った人材の人数を確認できます。

※累計導入企業数:2020年2月末時点

無料 候補者をお試し検索する
「中途採用」の悩みを解決・役立つ資料を無料ダウンロード 採用力向上への道・必ず役立つ無料セミナー開催中