採用課題
人事課題
公開日: 2021/03/11  

ジョブ型雇用とは? メンバーシップ型との違い、メリット・デメリット、採用ステップまで解説

ジョブ型雇用とは? メンバーシップ型との違い、メリット・デメリット、採用ステップまで解説

近年、耳目に触れることが多くなった「ジョブ型雇用」。コロナ禍でテレワークが進む中、さらにジョブ型雇用は注目度を増しているようです。ジョブ型雇用の意味、従来の「メンバーシップ型雇用」との違い、労使双方のメリットとデメリット、導入する際のステップなどを紹介します。

1. ジョブ型雇用とは

ジョブ型雇用とは

ジョブ型雇用とは、「ジョブディスクリプション(職務記述書)」で職務を定義して雇用すること。欧米では一般的な雇用制度です。日本経済団体連合会(経団連)による報告書(※)では、「特定のポストに空きが生じた際にその職務(ジョブ)・役割を遂行できる能力や資格のある人材を社外から獲得、あるいは社内で公募する雇用形態のこと」と表現されています。

※参考:採用と大学教育の未来に関する産学協議会・報告書「Society 5.0 に向けた大学教育と 採用に関する考え方」

2. ジョブ型雇用とメンバーシップ型雇用の違い

ジョブ型雇用とメンバーシップ型雇用の違い

日本の従来の雇用制度は、ジョブ型に対して「メンバーシップ型」と呼ばれます。メンバーシップ型は雇用が安定する、仕事を通じてスキルアップできるといったメリットがあります。

ジョブ型が「仕事に人をつける」のに対し、メンバーシップ型は「人に仕事をつける」制度。新卒の一括採用で労働力を確保し、年功序列の終身雇用で離職を抑止し、企業側の都合で人を異動させる雇用システムは、日本の高度経済成長を支えてきたともいえるでしょう。しかし近年では、時代にそぐわなくなった部分もあり、メリットの裏返しで「人材の流動性が低い」「専門人材が育たない」といったマイナス面も指摘されています。

ジョブ型とメンバーシップ型の特徴を比較すると次のようになります。 

メンバーシップ型
ジョブ型
採用
基本は新卒での一括採用。
近年は中途入社も増加傾向
新卒の一括採用はなし。
欠員や新設の職務が発生したときに採用
職務
明確化されていないケースが多い ジョブディスクリプションで明確化されている
教育
上司の指導、研修、ジョブローテーションなどで教育 基本は自己研鑽
異動
ある ない
報酬
基本は職能資格制度に基づく年功序列型。成果給や役割給を導入する企業もある 職務による
人材の流動性
低い、が近年は高まりつつある 高い
解雇
正規雇用の解雇は厳しく制限されている アメリカでは職務がなくなれば解雇が一般的

3. ジョブ型雇用が注目される背景

ジョブ型雇用が注目される背景

2013年に産業競争力会議雇用・人材分科会で、ジョブ型雇用を取り入れつつ「柔軟で多様な働き方ができる社会」の構築を目指す提言がされました。さらに、2020年には経団連がジョブ型雇用の比率を高めていく指針を示したため、さらに注目が高まっています。こうした提言や指針が出された背景には、以下のような事象があります。 

3-1. 国際競争力の低下

メンバーシップ型はゼネラリストの育成には向きますが、スペシャリストは育ちにくい傾向があります。企業自体の専門性も高まりにくく、国際競争力の低下の一因と考えられています。IMD(国際経営開発研究所)の「世界競争力年鑑2020」によると、日本の国際競争力は34位まで下落。1989年から1992年まで1位、1996年までは5位以内に位置していたことを考えると、国際競争力の向上が大きな課題であることがわかります。

参考:株式会社三菱総合研究所 IMD「世界競争力年鑑2020」からみる日本の競争力

3-2. 最新技術を持った専門職の不足

第4次産業革命ともいわれる今、人工知能 (AI) 、ロボット、ナノテクノロジー、量子コンピューター、生物工学、IoT、5G、自動運転、仮想現実(VR)、拡張現実(AR)、複合現実(MR)など、多岐にわたる分野で技術革新が進んでいます。こうした分野の技術を持ったITエンジニアやデータサイエンティストなどの専門職が不足しています。

3-3. ダイバーシティの広がり

育児や介護中の人、定年後の再就職者、外国人労働者など、多様な属性の人が活躍できるよう、ダイバーシティを推進する企業も増加しています。勤務地や職務などを限定できるジョブ型は、「専門スキルを持っているが、メンバーシップ型では就業が難しい」という人の雇用にも向いています。

3-4. 新型コロナウイルス感染拡大によって加速

上記3つに加えて、コロナ禍によるテレワークの普及によって、ジョブ型への関心はさらに高まっています。ジョブ型は職務を細かく定義して成果で評価するため、テレワークでも評価がしやすいというメリットがあります。また、業績不振をきっかけに、生産性向上や人件費を見直す手段としてジョブ型を検討している企業もあるようです。

4. ジョブ型雇用を導入する日本企業も

ジョブ型雇用を導入する日本企業も

すでにジョブ型を導入した日本企業もあります。株式会社日立製作所では、在宅勤務を含めた働き方の多様化に向けて、全社員のジョブディスクリプションを作成すると公表。社員の職務や社内組織の見える化を図り、生産性向上を目指すことが目的です。

参考:日経クロステック「世界30万人をジョブ型に転換、日立が壮大な人事改革に挑む本当の理由」

富士通株式会社では、2020年4月から管理職1万5000人に対してジョブ型の人事制度を導入。評価は、基本的にジョブディスクリプションに明記された職務の遂行レベルで判断されます。一般社員については労働組合との話し合いを経て、数年後の導入を目指しています。

参考:富士通株式会社「評価・処遇と職場環境整備」

ビズリーチを利用した5社の採用成功事例をダウンロードする

5. ジョブ型雇用のメリット・デメリット

ジョブ型雇用のメリット・デメリット

ジョブ型雇用には、企業側と求職者側、双方にメリット・デメリットがあります。

5-1. 企業側のメリット

企業側から見たジョブ型雇用のメリットは、主に4つあります。

従業員一人ひとりの役割が明確

ジョブ型雇用では、ジョブディスクリプションを作成します。具体的な業務に加え、役割や責任、権限、目標なども明確にできます。

評価がしやすい

各自の役割が明確になると、成果物や達成度での評価がしやすくなるメリットもあります。

専門性の高い人材を採用しやすい

高い専門スキルを持った人は、そのスキルを生かして働きたいと考えています。ジョブ型雇用では、採用時に求めるスキルや職務をジョブディスクリプションで明示するので、求職者とマッチングしやすくなります。

スキルに合わせた給与を設定できる

ジョブ型雇用では、勤務年数に関係なく、基本的に職務やスキルに応じた給与を設定します。勤務年数が短くてもスキルが高ければ高収入が得られるため、スキルアップへのモチベーションが高まります。

5-2. 企業側のデメリット

企業側から見たデメリットも、主に4つあります。

会社都合の転勤や異動ができない

ジョブディスクリプションには勤務地や配属も明記されています。企業側が変更したい場合は再契約が必要になりますが、従業員はそれを拒否することもできます。

ゼネラリストを育てにくい

メンバーシップ型雇用のようにジョブローテーションや転勤によってさまざまな業務を経験させながら、人材を育成していくことはできません。ゼネラリストを育てにくいともいえるでしょう。

より良い条件の会社に転職されやすい

高い専門スキルを持った人材は転職市場で引く手あまた。良い人材が採用できても、会社への愛着や帰属意識を高められないと、より年収や待遇の良い会社にあっさり転職してしまうこともあります。

採用の難易度が上がる

ジョブディスクリプションに記した職務によっては、適した人材が見つからないこともあります。また「この人は素質がありそうだから、入社してからスキルを身につけてもらおう」と期待する採用もできません。

5-3. 求職者のメリット

求職者から見たジョブ型雇用のメリットは、主に2つあります。

自分の専門領域の仕事ができる

自分の専門性に特化した領域で報酬を得られます。契約外の職務を行う必要はなく、打診されても拒否することができます。

専門性に応じた報酬を得られる

ジョブ型雇用の報酬は、スキルや職務で定められているので、経験や学歴に関係なく、自身のスキルアップによって報酬を上げていくことが可能です。高いスキルを身につけて市場価値を高めれば、より高待遇の会社に転職することもできます。

5-4. 求職者のデメリット

求職者から見た主なデメリットは2つ。最大のデメリットは、パートナーシップ型に比べて解雇のリスクが高いことでしょう。

専門性を高める自己研鑽が必要

メンバーシップ型雇用では、通常業務に加え、さまざまな研修やジョブローテーションによってスキルを向上させていきます。しかしジョブ型の場合、基本は自己研鑽。会社に依存せず、自分でスキルアップしていくことが必要です。ただし、これは自ら学ぶ意欲の高い人にとってはデメリットとは呼べないでしょう。

業務がなくなったら解雇される可能性

ジョブ型は「仕事に人をつける」ため、その業務がなくなれば人は不要になります。会社都合であっても、業務がなくなった場合には解雇される可能性があります。ちなみに、経団連が方向性として示しているジョブ型雇用は、アメリカ型のような「業務がなくなったら解雇」というものではありません。スキルに応じて社員を異動させる「専門業務型・プロフェッショナル型」に近い雇用区分です。

「オンライン採用」の基本と実践 全4回分が1冊で読める

6. ジョブ型雇用が向かない企業も

ジョブ型雇用が向かない企業も

ジョブ型雇用が注目されているとはいえ、実際には導入に向かない企業もあります。ジョブディスクリプションがなくても、慣例として異動や転勤のない専門職が多く、みんながイキイキと働いている企業もあるでしょう。

極端な話ですが、全従業員が「ジョブディスクリプションで規定されていないことはやらない」となれば、床に落ちたゴミを誰も拾わない、困っている同僚を誰も助けない、ということが起こらないとも限りません。

大切なのは、企業と従業員にとって良い雇用形態を模索すること。「メンバーシップ型か、ジョブ型か」といった二元論で考えないようにしましょう。

7. ジョブ型雇用での採用ステップ

ジョブ型雇用での採用ステップ

ジョブ型で採用を行う場合には、ジョブディスクリプションの作成が必須です。きちんとステップを踏まないと法律上の違反が生じたり、従業員から不満が出たりすることもあります。給与体系や評価方法、新卒採用計画などの関連制度も必要に応じて見直しましょう。

7-1. 【ステップ1】ジョブディスクリプションを作成する 

ジョブ型雇用する職種やポジションを決め、職務を定義します。行う業務はすべてジョブディスクリプションに記載する必要があるので、現場の意見をしっかりヒアリングすることも必要不可欠です。以下の項目をベースに、自社の状況に合わせて作成しましょう。

  • 職種、役職
  • 担当する具体的な職務内容
  • 目標、評価方法
  • 必要な資格、スキル、経験
  • 歓迎されるスキル、資格、経験
  • 給与、待遇
  • 勤務地、勤務形態
おすすめ記事
関連情報(https://bizreach.biz/media/20045)

7-2. 【ステップ2】経営層も含めて関係者で確認する

作成したジョブディスクリプションは必ず複数名で確認します。経営層、人事、現場スタッフ、現場マネージャーは必須です。できれば関連部署にも確認してもらいましょう。

7-3. 【ステップ3】評価など関連制度の見直しをする

ジョブ型雇用ではジョブディスクリプションに基づいて評価を行います。給与制度も年功序列型では対応できないので、評価と処遇の関係をあらかじめ定める必要があります。その他、必要に応じて各種制度を見直しましょう。

7-4. 【ステップ4】社員に周知する

全社員にジョブ型雇用の制度や導入目的を周知します。現場がきちんと仕組みやルールを理解していないと、雇用した人材の早期離職につながるだけでなく、他の従業員に不満が生じる原因にもなります。

7-5. 【ステップ5】求人を出し、採用を行う

ジョブ型雇用であることを明示し、ジョブディスクリプションを掲載して求人を出します。面談や面接では、改めて業務内容や評価方法をきちんと説明し、誤解や齟齬がないようにしましょう。ジョブディスプリクションの具体的な書き方やフォーマットについてはこちらもご覧ください。

7-6. 求人の募集要項とジョブディスクリプションの違い

募集要項は職種や雇用形態、給与などの雇用条件を端的にまとめたもの。これらに加え、詳細な職務内容や必要な経験まで定義するのがジョブディスクリプションです。

求人票の作成には相応の手間や時間がかかるので、下記の資料もぜひ参考にしてください。

おすすめ資料
関連情報(https://bizreach.biz/download/kyujin-kadai/?trcd=1HRRV0000273_PC_)

採用プロセスの分解で課題が特定できる!

プロセス分解による採用課題の見つけ方

企業が求職者と直接つながる「攻め」の採用には、「逆算思考」が重要。

採用プロセスを可視化し、逆算思考をすることで採用課題が見えてきます。「採用プロセス可視化シート」を活用し、戦略的な採用活動を始めませんか。

無料 資料をダウンロードする