人材紹介会社から「そんな人はいない」と言われた人材を発見。
スカウトしてわずか3週間でスピード決定。

アクサ損害保険株式会社

アクサ損害保険株式会社 人事総務部 リクルーティングマネージャー 太田昌司様
人事総務部
リクルーティングマネージャー
太田昌司様
会社説明
アクサ損害保険株式会社は、世界59の国と地域で展開する世界最大級の保険・資産運用グループ「AXA」の日本法人です。基幹商品である「アクサダイレクト総合自動車保険」の保有契約件数は100万件を超えており、他にもペット保険やバイク保険など、お客様一人ひとりのニーズを細かく反映するフレキシブルな商品をダイレクト通販で提供しています。
ビズリーチ・ダイレクトを選んだ理由
転職未経験のプロパー人材(生え抜き人材)で、業界経験の豊富な部長クラスの人材を募集。ハイクラス人材が多数登録していると聞き、導入を決定。
導入前の課題
損害サービスという商材を扱う仕事の魅力づけが難しく、応募者が集まらなかった
人材紹介会社では求める人材に会えるまでのリードタイムが長い
異業種での応募も歓迎だが、優秀な人材であればあるほど異業種他社と競合し、人材の取り合いとなって負けてしまうことが多かった
導入後の効果
人材紹介会社や求人媒体では出会えなかった難しいポジションの人材1名の採用に、わずか3週間で成功

求める優秀人材はごくわずか。しかも異業種他社との
採用競争に負けてしまうという大きな課題を抱えていました

当社は、電話やインターネット経由で、お客様一人ひとりの細かいニーズにしっかり対応する「アクサダイレクト総合自動車保険」を基幹商品として展開しています。大手損害保険会社に勤務されている方は待遇や労働環境が良くなかなか転職市場に出てこないことと、損害保険以外の業界への転職を希望される方も多いため、即戦力人材として業界経験者を採用する際は、当社の求める条件に合う求職者が少なく、なかなか母集団を形成できないという課題がありました。

また、業界未経験の若手優秀人材を募集するケースもありますが、損害保険サービスを扱う仕事のやりがいや会社としての魅力を伝えきれず、異業種他社との採用競争に負けてしまうことも課題でした。いま転職市場は活況になり、業種・業界を越えて人材が大きく動いています。チャンスであるのと同時に、ここ3年間は採用が非常に難しくなっていると感じていました。

人材紹介会社から言われた「そんな人はいません」の一言
条件に合う人材を求めて、ビズリーチを導入

今回、損害保険サービスの部長職の募集を行うにあたり、大手の損害保険会社に在籍中で、業界に精通しているプロパー人材(転職未経験の生え抜き人材)が欲しいという条件を設定しましたが、とても高いハードルだったため、懇意の人材紹介会社2~3社からは「そんな人はいませんよ」と言われてしまいました。

フランスの本社がグローバルパートナーである「LinkedIn」やその他の求人広告媒体なども検討しましたが、候補者はそう簡単に見つかりません。そこで求職者の絶対量を増やして母集団を確保する必要があると判断し、別の人材サービスを探したところ、ビズリーチが選択肢として浮上してきたのです。他社サービスとは明らかに異なるハイクラス層をターゲットにしたデータベースであれば、条件に見合う人材が見つかるかもしれないと考え、経営層を説得。ビズリーチの導入を決めました。

ビズリーチに登録したばかりの求職者をスカウト
わずか3週間で本当に求めていた人材の採用に成功

ビズリーチのデータベースには、条件に合う人材が、両手で足りる程度の数でしたが登録されていました。われわれは、待遇面で必ずしも最大手の損害保険会社以上のものを提示できるとは限らないため、このような優秀人材を獲得するには、自ら能動的に動いて事業の魅力、当社でのやりがいを伝えなければなりません。

今回採用に成功したのは、新卒からずっと損害保険業界を経験してきた40代半ばの部長クラスの方です。このような経歴の求職者は転職市場では本当に稀少です。見つけたときには千載一遇のチャンスだと思いました。

スカウトを送ったのは、この方がビズリーチに登録した翌日。それから全力で事業の魅力や当社でのやりがいを伝え、最終的にはスカウトしてからわずか3週間ほどという異例のスピードで入社を決意していただけました。当社からの連絡が早かったこともあり、真摯に話を聞いていただけ、お互いに意気投合したというのも採用が成功した要因のひとつだと思います。

求める人材が常に採用側の企業に興味を持ってくれるとは限りません。待ちの姿勢だけでは他の企業との採用競争に負けてしまいます。自ら積極的にスカウトして説得するというダイレクト・リクルーティングの重要性を、今回の採用を通して実感しました。

会社を変革するには採用方法の変革も必要
ビズリーチはその変革に必要なサービス

いま当社は変革の時期にあります。現在の約100万件の保有契約数を2倍にし、年間約8%の伸び率を10%、15%と大きくするという経営戦略を立て、そのためのプランをまさに実行に移すところです。保険という商材を扱ったビジネスの面白さは世のビジネスパーソンにはなかなか伝わりづらいものですが、電気自動車、水素エンジン等の次世代を担うプラットホーム・技術の発展によって、自動車をとりまく周辺領域にも新しいビジネスの可能性は広がっています。当社としても自社のサービスを進化させるチャンスの種がたくさんあるということを積極的に発信して優秀な人材を引きつけ、既存事業をさらに大きくし、新しい事業を育てていく必要があります。

会社を変革し、業界を変革していくには、採用方法も柔軟に考えなければなりません。当社の場合、第二新卒、業界未経験の優秀人材の採用には主に求人媒体を使い、ニッチなポジション、ハイクラスのポジションには人材紹介会社や、ビズリーチのデータベースを使ったダイレクト・リクルーティングを利用します。よりニッチで難しいポジションのビジネスパーソン獲得を目指す場合、従来の方法だけではリーチできないケースがあると、今回の募集ではっきりわかりました。これからも、従来の採用手法とダイレクト・リクルーティングをうまく併用し、会社を変革する優秀な人材を探していきたいと思います。