採用のビズリーチ

採用のビズリーチ

  1. ホーム
  2. サービス
  3. ビズリーチ
  4. 導入事例
  5. 株式会社トップ食品

品質保証室室長などの採用に成功。「コンサルタントが的確にサポートしてくれた」

(左)代表取締役社長/藤本 拓郎 様
(右)品質保証室 室長/和田 遥 様

株式会社トップ食品

 商社
 母集団の質
 1-50名
(左)代表取締役社長/藤本 拓郎 様
(右)品質保証室 室長/和田 遥 様
1985年創業の株式会社トップ食品は、兵庫県に本社を置き、和洋菓子を主体とする卸売業・製造業・関連するコンサルティング業などを手掛けている。生活共同組合(生協)を主なクライアントとして全国から菓子を調達する商社機能、菓子メーカーの商品開発や生産性改革を支援する製造機能、メーカーの新規チャネル開拓などを支援する販社機能を持つ。生協で商品を取り扱ってもらうためには高い商品基準を求められるため、特に小さなメーカーにとっては対応が大変だが、トップ食品はほれ込んだ菓子があればメーカーの製造体制の整備や品質管理などもトータルでサポートし、菓子がより多くの人の手に届くための支援を行っている。

ビズリーチ導入の背景と効果


ビズリーチを選んだ理由
品質保証を任せられる人材を探すなかで、プロフェッショナル人材にアプローチできることと、コンサルタントが二人三脚でサポートしてくれることに魅力を感じたから
導入前の課題
・兼務ではなく専任で品質保証業務を担えるプロフェッショナル人材の採用が急務だった
導入後の効果
・品質保証室室長と営業の計2名の採用に成功。新しく入社するメンバーからのリクエストもあり、産休・育休制度の整備も進んだ

品質保証のプロフェッショナル人材を採用すべくビズリーチ・ダイレクトを導入

当社は中途採用のみを行い、少数精鋭で事業成長を遂げてきました。ビズリーチ・ダイレクト導入のきっかけは、2019年に私が代表取締役社長に就任して新たに採用計画を立てていくなかで、品質保証のプロフェッショナル人材を採用せねばと思ったことです。これまでは他部署と兼務する者が品質保証を担当していましたが、食品は人の命にかかわるもので品質が何より大切であり、お客様からも「知見を多く持っている品質保証専任の方がいてくれるとうれしい」というリクエストをいただいたため、採用することに決めました。

これまでは地域情報誌や採用媒体への掲載を行ってメンバー層を採用してきましたが、今回はより専門性の高い人材の採用が必要でした。プロフェッショナル人材にアプローチするための手法を探すなかで候補に上がったのが、ビズリーチ・ダイレクトでした。テレビCMでよく見かけるのはもちろん、転職を検討している友人がビズリーチに登録しており、いい評判を聞いていたことも追い風になりました。お話を伺ったところ、サービスの説明もわかりやすく手厚いサポートが期待できたため、迷わずに導入を決めました。

当社は小規模のため、採用活動も私が担当しています。導入後、いきなり自分自身ですべて進めていかなければならないサービスも世の中にはあるなかで、ビズリーチのコンサルタントの方は二人三脚でサポートしてくださる姿勢を持っていたため、安心、信頼できました。

コンサルタントがしっかりとサポートしてくれたから採用の軸がぶれなかった

ビズリーチ・ダイレクトで品質保証室室長と営業の2名を採用できたのは、やはりコンサルタントの方のサポートのおかげです。たとえば候補者を探す際には「優秀な候補者に多く出会うためにも、エリアを兵庫だけでなく大阪にも広げて探しましょう」とアドバイスをくれました。また、スカウトを送っても反応が少なくターゲットを変えようか迷っていたときには、「スカウト文をブラッシュアップしましょう。社長の思いや会社の未来をもっとわかりやすく伝えられれば、共感してくれる人がいるはずです」というアドバイスをいただき、私の思いやビジョンがよりダイレクトに伝わる文面に変えたところ、スカウトへの反応がよくなったこともありました。

ときに社長業が多忙で、採用活動に割く時間が減ってしまうこともありましたが、コンサルタントの方が毎回絶妙なタイミングで、厳しくも温かくアシストしてくれたのです。こうしたサポートがあったからこそ、採用したい人物像をしっかりと描くことができて、かつその軸がぶれることなく採用活動に取り組めました。

一方で、当社は大企業ではないので、背伸びしすぎないことも意識しました。熱量の高い候補者の方が多く登録されているからこそ、背伸びしすぎてお会いしたときや入社後にミスマッチが起きないように、文面や会話の中での情報の伝え方には気をつけました。加えて、優秀な候補者の方は他社からのオファーも受けているもの。だからこそ、初めての面談で内定を出すなど、スピード感をもって採用活動を進めていきました。

私は、採用計画は企業の意志表明であると思っています。「どんな人材を採用したいか」と「どのようなビジョンを持っているのか」は必ずリンクするからです。今後もビジョン達成のためにプロフェッショナル人材の採用が必要となった際には、またビズリーチ・ダイレクトを利用したいと思います。


【入社者の声】仕組みを作れることと働きやすさを魅力に感じて転職を決断

2020年2月入社 品質保証室 室長/和田 遥 様

2020年2月に品質保証室室長として入社し、メーカーさんとコミュニケーションを取りながら仕様書の作成・編集をしたり、きちんと品質の高い商品が作れているかを確認すべくメーカーさんの工場点検を行ったりしています。

前職のメーカーでも品質保証の業務を担当していました。30歳を前にして自分自身のライフプランを考えたとき、「結婚や出産、育児などさまざまなライフイベントを経験したいので、その前に一度自分のキャリアを考えてみよう」と思うようになりました。そのなかで、「定年を迎えた後、コンサルティングの仕事で役立てたら」という気持ちも生まれました。前職のメーカーはニッチな商品を製造していたので、自分が役立てる分野をより広げるために大きな業界に飛び込んでみたいと思うようになり、転職活動を始めたのです。

キャリアコンサルタントの方が横に付いてサポートしてくれる転職活動は、一見すると心強く思えます。ただ、在職中に転職活動をしていた身としては、日中に電話でやりとりをしなければならない点に不便を感じていました。一方で、ビズリーチは企業の採用担当者とメッセージで直接やりとりできるので、転職活動を自分のペースで進めやすかったです。

藤本社長から直接スカウトをもらい、食品業界に魅力を感じて面談に進みました。面談では「品質保証の体制を新しく作っていってほしい」という話を受け、自分で仕組みを作っていけることに面白さを感じました。夜勤なしで品質保証の業務ができる商社ならではの働きやすさも大きな魅力でした。そして、産休や育休の制度については「実績はないが整備していきたい」と前向きに検討してもらえることになり、入社後の4月にはその言葉通り制度が作られたのです。

メーカーさん向けのセミナーを開くことやラボを作ることなど、挑戦したいことはたくさんあります。品質保証室を成長させ、品質保証部にすることが私の目標です。

コストで比べてみてください


その他導入事例