ダイレクトかつスピーディにアプローチ。
ビズリーチは「攻めの採用活動」に最適です。

株式会社ホワイトプラス

株式会社ホワイトプラス Human Resources Development Division General Manager 石田和之様
Human Resources Development Division General Manager
石田和之様
会社説明
「ネット」×「リアル」をコンセプトに、新しい日常を創るベンチャー企業のホワイトプラス。2009年7月の設立以降、インターネットで予約できる宅配型クリーニングサービス「リネット」や、荷物をどこからでもどこへでも出し入れできるクラウド型収納スペース「HIROIE(ヒロイエ)」をはじめ、日常の不便を解決する新しいサービスを次々と展開しています。
ビズリーチ・ダイレクトを選んだ理由
人材データベースが公開されており、自らアプローチできる為、攻めの採用活動に最適なリクルート方法である
優秀でマインドセットの高い登録者が多い
導入前の課題
企業理念を実現していくためには、共に事業を創っていける優秀な人材が必要。しかし人材紹介会社は、応募者選別の時点からおまかせになるため、求める人を紹介してもらえるか分からない
導入後の効果
事業を成長させてくれる人材の獲得に成功。その方の能力にあわせ、入社を機に事業開発部を新設

求める人材を仲間にするためには、新しい採用手法が必要に

当社の企業理念である「新しい日常を創る」は、一朝一夕にできることではありません。「ネット」と「リアル」の両方を同じように攻め、あきらめずにゴールを目指すマインドが求められます。そのために必要なのは共に事業を創っていける優秀な人材。ですから、当社は人材採用にかかる労力は惜しまずに採用活動を行ってきました。

採用活動には人材紹介会社を利用していました。しかし、応募者を選別する時点からお任せになるため、どういったスキルやマインドを持つ人材を紹介してもらえるかは、フタを開けるまで分かりません。当社のビジネスに共感してくれる人材を本気で採用するためには、何か別の採用手法を取り入れることが必要だと感じるようになりました。

ビズリーチのセミナーで学んだことは、候補者へのアプローチに役立っています

ビズリーチの魅力は、人材データベースが公開されていること。30万人以上の登録者の中から、自分で検索してターゲットを絞り込み、直接アプローチできるという、攻めの採用活動に最適なリクルート方法です。しかも、登録者には優秀な方が多く、スキルはもちろんマインドセットの高い方がそろっていることに驚きました。

ビズリーチを導入してからは、人材データベースを定期的にチェックし、欲しい人材を見つけたらすぐにスカウトメールを送るようにしています。メールの送り方や、効果的なアプローチ方法などは、ビズリーチのセミナーに参加して学んだことを実践。データベースの優秀さだけではなく、セミナーや営業担当者のサポートが採用の助けになりました。

事業を成長させてくれる人材の獲得に成功

ビズリーチ経由で採用した人は、現在クリーニング工場の新規開拓や業者との交渉で活躍してくれています。面接時、CFOの経験があり管理部門のノウハウも持つこの方が加わってくれれば、当社の事業はさらに成長すると確信し、すぐにオファーを出して、彼の入社を機に事業開発部を新設しました。

当社は「ネット」の集客数は伸ばしていますが、「リアル」の工場や物流のオペレーションはネットに追い付けない状況が見えていたので、そこのテコ入れを彼にお願いしています。入社してまだ数カ月ですが、工場のファイナンス面もケアできる彼の折衝能力のおかげで、かねてからの課題が解決されつつあります。

海外展開も視野に、「攻めの採用活動」を

採用活動を始めたばかりの頃は、マインド面で採用者とのミスマッチが起こることもあり苦戦していました。しかしその経験と企業ビジョンをもとに「人材像5カ条」を定めたことでミスマッチが起こらなくなり、採用活動もスムーズに進むようになりました。

2013年8月には、大手ベンチャーキャピタルから資金調達を行い、事業を急拡大しています。海外展開も視野に入れており、マーケッター、デザイナー、エンジニア、事業開発担当など、コアメンバーとなる優秀な人材をこれから次々と採用予定です。今後も、本当に必要な人材を妥協せずに採用するスタンスは変わらないので、ビズリーチを使った「攻めの採用活動」を続けていきたいと考えています。

  • インタビューに答える石田和之様