【イベントレポート】キャリア自律に向け、改革に挑む カゴメの人材育成

  • このような方におすすめ

    ・制度設計を考えている方
    ・社員の育成を考えている方
    ・人事戦略を担当されている方

  • この資料について

    2021年9月30日、株式会社ビズリーチは「キャリア自律に向け、改革に挑む カゴメの人材育成」と題したWebセミナーを開催しました。
    カゴメ株式会社常務執行役員CHO(最高人事責任者)の有沢正人様にご登壇いただき、タレントマネジメントシステムの在り方や、次世代の経営者をはじめ社内人材育成の取り組みについてお話しいただきました。モデレーターは、株式会社ビズリーチ取締役副社長で、ビズリーチ事業部事業部長の酒井哲也が務めました。

    <登壇者>
    有沢 正人 氏
    カゴメ株式会社 常務執行役員CHO(最高人事責任者)

    1984年に株式会社協和銀行(現株式会社りそな銀行)に入行。銀行派遣により米国でMBAを取得後、主に人事、経営企画に携わる。
    2004年にHOYA株式会社に入社。人事担当ディレクターとして全世界のHOYAグループの人事を統括。全世界共通の職務等級制度や評価制度の導入を行う。また委員会設置会社として指名委員会、報酬委員会の事務局長も兼任。グローバルサクセッションプランの導入等を通じて事業部の枠を超えたグローバルな人事制度を構築する。
    2008年にAIU保険会社(現AIG損害保険株式会社)に人事担当執行役員として入社。ニューヨークの本社とともに日本独自のジョブグレーディング制度や評価体系を構築する。
    2012年1月にカゴメ株式会社に特別顧問として入社。カゴメ株式会社の人事面でのグローバル化の統括責任者となり、全世界共通の人事制度の構築を行っている。同年10月より執行役員人事部長に就任。2018年4月より常務執行役員CHO(最高人事責任者)となり国内だけでなく全世界のカゴメの人事最高責任者に。

    <モデレーター>
    酒井 哲也
    株式会社ビズリーチ 取締役副社長 ビズリーチ事業部 事業部長

    2003年、慶應義塾大学商学部卒業後、株式会社日本スポーツビジョンに入社。その後、株式会社リクルートキャリアで営業、事業開発を経て、中途採用領域の営業部門長などを務める。2015年11月、株式会社ビズリーチに入社し、ビズリーチ事業本部長、リクルーティングプラットフォーム統括本部長などを歴任。2020年2月、現職に就任。

    ※所属や役職は2021年9月30日時点での情報です

全ての項目をご入力のうえ、お進みください。

メール署名で簡単自動入力

ご連絡がつきやすい番号のご入力をお願いいたします。

個人情報の取り扱い

こちらのフォームは採用をご検討されている企業様向けのフォームになります。
転職をご希望されている個人の方向けではございません。

ビズリーチは、プライバシーマークを取得しています プライバシーマーク