【イベントレポート】日本マクドナルドの人材採用戦略

  • このような方におすすめ

    ・アルバイトも含めた採用活動の全体像について知りたい方
    ・EVP(従業員価値提案)について詳しく知りたい方
    ・ダイレクトリクルーティングを始めたい方

  • この資料について

    2020年12月10日、株式会社ビズリーチ主催で会える人事Premium「従業員の働く価値とは? 日本マクドナルドの人材採用戦略」と題してWebセミナーを開催いたしました。

    この資料では、HRエグゼクティブコンソーシアム 代表の楠田祐氏をモデレーターに迎え、日本マクドナルド株式会社 人事本部フィールドHR部シニアマネージャーの植村麦生氏に、マクドナルドの組織全体について、採用戦略の軸「EVP(企業が従業員に与える価値)」について話していただいた内容をまとめました。

    <登壇者>
    植村 麦生 氏
    日本マクドナルド株式会社 人事本部フィールドHR部シニアマネージャー

    1996年、日本マクドナルド株式会社入社。店舗マネージャー、店長として店舗運営を経験した後に、直営店・フランチャイズ法人のコンサルタント・営業統括マネージャーとして従事。現在は人事本部でリクルーティングリーダーとして約2,900店舗のアルバイト採用の戦略と直営店舗社員の採用を担当。

    楠田 祐 氏
    HRエグゼクティブコンソーシアム 代表

    日本電気株式会社(NEC)など、東証一部エレクトロニクス関連企業3社の社員を経験した後にベンチャー企業社長を10年経験。中央大学大学院戦略経営研究科(ビジネススクール)客員教授を7年経験した後、2017年4月、HRエグゼクティブコンソーシアム代表に就任。2009年から6年連続で年間500社の人事部門を訪問し、人事部門の役割と人事担当者のキャリアについて研究。

    ※所属や役職は2020年12月10日時点での情報です

ご連絡がつきやすい番号のご入力をお願いいたします。

個人情報の取り扱い

こちらのフォームは採用をご検討されている企業様向けのフォームになります。
転職をご希望されている個人の方向けではございません。

ビズリーチは、プライバシーマークを取得しています プライバシーマーク