【イベントレポート】経理部長、システム刷新PM経験者から見た 今後の人事の役割

  • このような方におすすめ

    ・人事として求められる姿勢、取り組みを他社から学びたい方
    ・人事戦略と経営戦略の結びつけ方を知りたい方
    ・人材採用に課題を感じられている方

  • この資料について

    2022年5月13日、株式会社ビズリーチは「経理部長、システム刷新PM経験者から見た 今後の人事の役割」と題したWebセミナーを開催しました。
    HRエグゼクティブコンソーシアム 代表の楠田祐氏をモデレーターに迎え、日清食品ホールディングス株式会社 執行役員CHROの正木茂氏にご登壇いただき、異職種の経験を通じて理解した、人事の役割「これまで」と「これから」について、具体的なメソッド含めてお話しいただきました。

    <登壇者>
    正木 茂 氏
    日清食品ホールディングス株式会社 執行役員CHRO

    1993年、新卒で日清食品に入社。経理課にて「簿記入門」からキャリアを始める。社費留学で米国ゴールデンゲート大学にて会計学修士取得。財務部、人事部を経て再び米国へ。米国日清にてCFOとして勤務。帰国後、基幹業務システム刷新プロジェクトリーダーとして、40年来のメインフレーム時代からSAPへの移行になんとか成功。2018年に財務経理部長に就任したが、翌年人事部長へ異動。2021年4月CHRO、2022年4月に執行役員就任。


    ※所属や役職は2022年5月13日時点での情報です

ご連絡がつきやすい番号のご入力をお願いいたします。

個人情報の取り扱い

こちらのフォームは採用をご検討されている企業様向けのフォームになります。
転職をご希望されている個人の方向けではございません。

ビズリーチは、プライバシーマークを取得しています プライバシーマーク