こんな面接官はNG! 面接の非常識 全10選

「面接における非常識」を知っていますか?

こんな面接官はNG! 面接の非常識 全10選

このような方におすすめ

面談・面接担当者である
新任の面接官への教育資料を作りたい

資料について

採用面接において面接官は、さまざまな観点で複数の候補者とコミュニケーションを取り、候補者のスキルや経験、人柄など を相対的に見極めていると思います。ただ、面接官からの質問は、時として候補者に悪い印象を与えたり、候補者の見極めに とって悪影響を与えることがあります。

本資料では 、このような「面接の非常識」を厳選して収録し、面接官が面接の現場でどのように候補者とコミュニケーションを 取るべきかを詳しくお伝えします。

 

《目次》

・面接の非常識① 面接がもっとも妥当性の高い選考方法である

・面接の非常識② コミュニケーション能力の高い社員が面接官に向いている

・面接の非常識③ 仕事ができる社員が面接官に向いている

・面接の非常識④ 面接は複数人で複数回行うと評価の精度が上がる

・面接の非常識⑤ 「強み」 「 弱み」を必ず聞く

・面接の非常識⑥ 最初に志望動機と自己PRを聞く

・面接の非常識⑦ 出生地、家族構成、思想・信条などを聞く

・面接の非常識⑧ 一緒に働きたい人を採用する

・面接の非常識⑨ ストレス耐性を確かめるために圧迫面接を行う

・面接の非常識⑩ 面接は候補者とのキャッチボールである

関連する資料

ビズリーチは、プライバシーマークを取得しています プライバシーマーク

フォーム⼊⼒完了後、PDFをダウンロードできます。
全ての項目をご入力のうえ、お進みください。

  1. STEP
  2. 1
  3. 2
  4. 3

次へ
  1. STEP
  2. 1
  3. 2
  4. 3
お手数ですが会社名の入力をお願いします

会社名が異なるため再入力する

次へ

戻る

  1. STEP
  2. 1
  3. 2
  4. 3

ご連絡がつきやすい番号のご入力をお願いいたします。

個人情報の取り扱い

戻る

こちらのフォームは採用をご検討されている企業様向けのフォームになります。
転職をご希望されている個人の方向けではございません。