採用のビズリーチ

採用のビズリーチ

  1. ホーム
  2. サービス
  3. ビズリーチ
  4. 導入事例

待ちの採用から攻めの採用に切り替えたことで、高い専門性を持つ希少人材に出会え、2名の採用に成功

人事部 HR戦略グループリーダー/徳谷 昌人 様
人事部 HR戦略グループ 係長/中拂(なかはらい) 由香里 様

エア・ウォーター株式会社

 インフラ
 母集団形成/母集団の質
 5001名以上
人事部 HR戦略グループリーダー/徳谷 昌人 様
人事部 HR戦略グループ 係長/中拂(なかはらい) 由香里 様
エア・ウォーター株式会社は、日本のモノづくりに欠かすことができない産業ガスや命の現場を支える医療用ガス、ケミカル、農業食品、海水産業、物流と、独自の手法で事業領域を拡大し、社会や暮らしに貢献してきました。今後は、多種多様に事業展開する強みを生かし、事業間で相乗効果を生みながら、社会や人々の暮らしに根ざした企業づくりを目指していきます。

ビズリーチ導入の背景と効果


ビズリーチを選んだ理由
候補者の紹介を待つだけではなく、自社の求めている人材を自分たちで発掘して採用できるため
導入前の課題
・各事業に必要な人材要件には希少な専門性が求められていたため、人材紹介会社からの紹介だけでは採用できなかった
・人材要件に合致する人材しか紹介してもらえず、他の優秀な人材に出会えなかった
導入後の効果
・導入して4カ月で、人材紹介会社経由では採用できなかった、物流や建築などの専門性を持つ人材2名の採用に成功した

優秀な人材を自分たちで見つけて採用したい。そのため、攻めの採用を可能にするビズリーチ・ダイレクトを導入

当社は、もともと産業ガス領域から事業を開始しました。2000年の合併以来、保有する技術を生かした多角的な事業展開が本格化し、命の現場を支える医療用ガス、ケミカル、農業食品など幅広い事業へ取り組み始めました。

事業の拡大にあたっては、各専門分野の知識や経験を持った人材が必要なため、キャリア採用を強化することになりました。当初、キャリア採用は人材紹介会社経由のみで行っていましたが、求める専門性がニッチであるため、人材要件に合致する人材になかなか出会うことができませんでした。また、人材紹介会社に依頼すると、スキルや経歴などの細かな条件まで合致する人材しか紹介してもらえませんでしたが、採用ポジションの人材要件に当てはまらなくても、優秀な人材であれば会ってみたいという気持ちもありました。

そういった背景から、自分たちで優秀な人材を見つけてアプローチしていくダイレクトリクルーティングに興味を持っていたものの、人事のリソースの問題で導入には踏み切れていませんでした。しかし、キャリトレ(注:株式会社ビズリーチが運営する若手採用支援サービス)の利用経験がある中拂が採用チームに加わってくれたことで懸念は払拭され、当社にマッチした人材を自分たちで発掘し採用しようということになり、満を持してビズリーチ・ダイレクトの導入を決めました。

直接やりとりするからこそわかる候補者の反応。対応の速さと誠実さが企業の印象を大きく左右する

魅力的な人材を見つけてスカウトを送るためには、データベース内にいるたくさんの方の経歴やスキルに一つひとつ目を通さなければいけません。また「こちらから声を掛けるとかなり期待させてしまうのではないか」と慎重になりすぎてオファー数が伸びないなど、導入当初はけっこう苦戦した記憶があります。しかし、そのたびにビズリーチの担当者からアドバイスをもらい、どのような人たちにどのようなスカウトを送るのかを決めていくことで、徐々にコツがつかめてきました。

ダイレクトリクルーティングでは時に、こちらからスカウトを送っておきながら、実際に話してみると想像していた人物像と少し違うことがあります。仮に入社していただけたとしても、希望通りのポジションを用意できないと感じることもゼロではありません。そのため、当社は候補者をすぐに面接するのではなく、まずは選考とは関係ない面談の機会を用意し、お互いの希望やスタンスの擦り合わせを行っています。地理的な問題で直接お会いすることができない場合でも、電話で面談を行います。時には電話面談が1時間半に及ぶこともありましたが、入社後にミスマッチが起きないように、お互いを十分理解するまでお話しするようにしました。

ビズリーチ・ダイレクトを利用してみて、候補者への対応スピードは非常に重要だと実感しました。人材紹介会社経由の紹介だと、候補者とお会いするまで相手の反応がまったく見えません。しかし、ビズリーチ・ダイレクトでは候補者と直接やりとりをするので、私の対応のスピードや質がそのまま企業の印象を左右します。そのため、メールはこまめにチェックし、できるだけ候補者をお待たせしないように心がけています。また、反応が見えるぶん、候補者のことをもっと知りたいと思うようになりました。候補者が悩んでいたら、何か力になりたいという思いが湧くようになったのには驚きましたね。候補者とやりとりをしているうちに、企業と候補者という関係ではなく、働く者同士でキャリア相談をしているような関係になっていくのです。こうした関係性が築けたことは、私自身の仕事観などを振り返る、いい機会にもなりました。

高い専門性を持つ人材を4カ月で2名採用することに成功。次に求めるのは、事業間で相乗効果を生み出せる人材

2017年7月からビズリーチ・ダイレクトの利用を始め、4カ月間で2名の採用に成功しました。他にも選考が進んでいる方が複数名います。なかでも、物流や建築で高い専門知識を持つ方など、人材紹介会社経由では見つからなかった希少な人材に多く出会えました。他にもハイスペックな人材に多く出会えて、「今後新たに事業展開する際にはぜひお声掛けしたい」「当社が次の成長フェーズに入った際には力を貸してほしい」などと、思わずお願いしたくなる方もいました。

当社は、2020年に向けて「1兆円企業ビジョン」という経営ビジョンを掲げています。その目標を達成するためには、多角化してきた事業を着実に強化していくことと、事業間で連携して相乗効果を生む必要があります。当社ではどちらも前例がなく、これからそれを作り上げていく過程が待っています。各事業の高い専門性を持ちながら、他事業の動向までキャッチアップする情報感度の高い方や、自ら事業の方向性を考えて仕事を作っていける優秀な人材を、ビズリーチ・ダイレクトで今後も採用していきたいと思っています。

エア・ウォーター株式会社 エア・ウォーター株式会社

その他導入事例