採用のビズリーチ

採用のビズリーチ

メニュー
  1. ホーム
  2. サービス
  3. ビズリーチ
  4. 導入事例
  5. 株式会社アイダ設計

有資格者の複数名採用に成功。
運用コストを極力抑えた効率的な母集団形成を実現

株式会社アイダ設計
人事部 部長/多並 光将様

株式会社アイダ設計

 建設・不動産
 工数削減/母集団の質
 501-5000名
株式会社アイダ設計
人事部 部長/多並 光将様
埼玉県さいたま市に本社を構え、関東圏を中心に1都2府21県に90店舗を展開している、創業40年を超えるハウスメーカー。注文住宅・分譲住宅の設計・建築から販売を一貫して行っており「『正直価格』でお客様に向き合う」「『良い家は高い』を覆す」というアイデンティティーのもと、一人でも多くの家族に幸せで満足のいく住まいを提供している。また、職人数の減少や若手人材の不足が問題化している建築業界において、社員大工育成プロジェクトを立ち上げるなど、ベテランから若手への技術継承などにも積極的に取り組む。

ビズリーチ導入の背景と効果


ビズリーチを選んだ理由
一級建築士の有資格者など、即戦力となる業界経験者を採用する必要が出たため
導入前の課題
・求人媒体を中心とした母集団形成を行っていたが、経験者が少なく選考時の工数が膨大に
導入後の効果
・長年採用に苦戦していたポジションでの複数採用を実現
・導入から2年半で技術者、営業、管理職など、合計17名の採用に成功
・採用ターゲットにピンポイントでアプローチできるため、選考時の工数が大幅に減少

求人媒体頼りの採用手法に限界を感じ、ビズリーチを導入

当社は安心・低価格・高品質の注文住宅「ブラーボシリーズ」や分譲住宅の設計・建築・販売まで一貫して行っているハウスメーカーです。埼玉で生まれ、今では1都2府21県で店舗を展開しています。テレビCMをはじめ、企業ブランディングや認知度向上にも積極的に取り組んでおり、お客様が安心して暮らせるマイホームを提供し続けてきました。

おかげさまで建築業界でも広く認知されている当社ですが、さらなる事業拡大を見据えたうえでの人材獲得は常に大きな経営課題として立ちはだかっていました。求人媒体や折り込み広告を使って採用を推進しようとしても、数百件の応募は集まるものの、私たちがターゲットとしている経験者や有資格者からの応募は少なく、本当に「欲しい人材」を採用するための選考工数が大きな負荷となっていました。

そうしたなか、経営陣より「一級建築士を急ぎで5名採用したい」という声があり、これまでのように求人媒体頼りの採用活動では目標達成が難しく、新たな採用手法を取り入れる必要が出てきました。しかし、人材紹介会社を活用すると採用コストが想定値を超えてしまうため、有資格者の採用とコストのバランスを取れるサービスを検討しているなかで、候補に挙がったのがビズリーチでした。

新規サービスの活用となるとどうしても導入に際してのインプットやセッティングに時間を割かれてしまうというイメージがありましたが、ビズリーチは導入時から専任のコンサルタントがついてくれ、採用媒体などで使用していた求人情報などをベースとした求人の作成やスカウトターゲットのリストアップ支援、検索条件を設定する際のアドバイスなど、細かな点までサポートしてくれるとのことで、導入コストを低く運用開始できるという点が決め手となって導入を決定しました。

想像以上に低かった運用コスト。1日の作業時間は10分程度

求人やスカウトの文面作成などはビズリーチのコンサルタントと二人三脚で進め、想定通りにスムーズに運用できるようになりました。居住地や経験年数、保有資格などの検索条件を自分たちで設定し、今私たちが必要としている候補者へ直接アプローチでき、採用活動のスピードをぐっと早められたと感じています。採用する立場からすると、ビズリーチに登録したばかりの方、職務経歴書を更新したばかりの方なども可視化できるため、転職意欲が顕在化している方を漏れなく、かつ効率的にアプローチできる点も大変助かっています。

現在は毎日決まった時間にビズリーチにログインし、私たちがあらかじめ設定している検索条件にマッチする新規登録者や、ビズリーチがレコメンドしてくれる方の職務経歴書をチェックし、カスタマイズしたスカウトを送付するというルーティンが確立されました。徐々に職務経歴書の見方やスカウトで候補者の方へ何をお伝えすればよいかのポイントが分かったことで、1日あたりの作業時間は5分から10分程度に抑えられています。

当社では母集団形成は人事が担当し、面接は現場社員に任せるという協力体制で採用活動を進めています。ビズリーチに登録している方は職務経歴など登録されている内容が充実していることが多く、現場社員からも「選考前に判断がつきやすい」という評価をいただいています。また、「実際にお会いしてお話しするまで採用候補者かどうか分からない」「選考途中でミスマッチだと判明する」というケースも減ったことで、全社一丸となって採用活動に取り組んでいるという雰囲気が一層強くなったのではないかと思います。

コンサルタントの支援もあり、2年半で17名の採用成功を実現

2019年からビズリーチの運用を開始し、約2年半の間で建築設計や施工管理、アドバイザー(営業)、部門責任者など、17名の採用につながっています。

採用に至った方一人一人にストーリーがあるのですが、特に印象的だったのは、沖縄への移住を希望されていた一級建築士の方でした。当社には沖縄にも拠点があり、現場とも相談しながら選考を進め、結果的には関東から沖縄に移られました。他にも、一級建築士の資格を生かしてバックオフィスとして働きたいという希望をお持ちの方を採用できたケースもあります。こちらからスカウトを直接お送りしていることで「この会社であれば自分の希望が通りやすいかもしれない」というふうに思っていただけているのかもしれません。

私自身、不動産営業として働いていたからこそ分かるのですが、面接と家を売るという2つには多くの共通点があります。新たな住まいを購入される際には価格や立地、住みやすさなどの条件に満足して初めて購入を決めていただけるのと同様に、転職を検討している方も働き方や描けるキャリア、給与、勤務地が魅力的なものがそろって初めてアイダ設計に転職してくれるのです。面接担当を務める社員にもそのことは丁寧に伝え、候補者はお客様であるという意識を社内で大切にしています。目の前にいらっしゃる方が何を求めていて、アイダ設計として何を提供できるのかを常に意識しながら、今後もビズリーチとともにより多くの仲間と一緒に働ける未来を作っていけたらと考えています。

もしビズリーチの導入を迷われている企業様がいらっしゃれば、まずは一度話を聞いてみることをお勧めしたいですね。コンサルタントのサポートもあり、求人媒体に広告を掲載するよりも低い導入コストで運用が開始でき、自分たちが「採用したい!」と思える方にピンポイントでアプローチできるビズリーチは、採用に悩む人事担当にとって心強いパートナーとなってくれるはずです。

【所属・役職等は制作時点のものとなります】

コストで比べてみてください


その他導入事例