採用のビズリーチ

採用のビズリーチ

  1. ホーム
  2. サービス
  3. ビズリーチ
  4. 導入事例
  5. 広誠株式会社

代表の参謀的存在となるような、1級建築施工管理技士を採用。スタッフと役割分担を行って採用成功を実現

代表取締役/佐藤 利広 様

広誠株式会社

 建設・不動産
 母集団形成/母集団の質
 1-50名
代表取締役/佐藤 利広 様
2012年に大阪で設立された広誠株式会社は、注文住宅から商業施設、コンビニやドラッグストアなどの店舗、ホテルや老人ホームなどの施設まで、あらゆる建物の建築内装を手掛ける企業である。設計、顧客との折衝、現場マネジメントまで各種工程に携わり、「すべての人々の心を満たす建物づくり」の実現を目指している。技術力はもちろんのこと、「安心して仕事を任せられる」と顧客に思ってもらえる信頼提供を信条としている。

ビズリーチ導入の背景と効果


ビズリーチを選んだ理由
案件数も増え人手不足という状況のなかで、採用市場でも獲得競争の激しいポジションの人材を採用することが急務となったため
導入前の課題
・必要としていた施工管理を担える人材は、多くの企業が「欲しがる」ポジションであるため、採用が難しかった
・過去にスカウト型サービスを利用した際には採用に至る候補者が見つからず、厳しい状況だった
導入後の効果
・1級建築施工管理技士の採用に成功。今後は代表取締役の参謀的存在として活躍することが期待されている

ターゲット層からの登録が一番多かった、ビズリーチ・ダイレクトを導入

当社は、2018年から施工管理を担える人材の採用を目指していました。しかし、採用市場でも人気で多くの企業が「欲しがる」ポジションであるうえに、建設業界では、転職サイトなどに登録せず、知り合いの紹介で転職する方も多いもの。そういった背景もあり、採用は難航していました。スカウト型サービスを試したこともあったものの、当社が求める人材の条件に合致して面接に進まれる方が1年間で4名しかおらず、採用数は0名と、非常に厳しい状況でした。

2019年には案件数も順調に増え、これまで以上に人材不足が顕著になったため、本気で採用しなければと危機感を抱くようになりました。それに伴い、新しいサービスを利用することに。テレビCMなどでよく名前を聞く、採用系ツールを提供している企業へ問い合わせを行い、5社ほどから話を聞きました。そのうちの1社が、ビズリーチでした。話を聞いたうえで企業を比較した結果、われわれのターゲット層にあたる方々の登録数が一番多かったのが、ビズリーチ・ダイレクトでした。そのため、2019年8月にビズリーチ・ダイレクトを導入したのです。

広誠株式会社1‗ビズリーチ・ダイレクト導入事例

候補者検索とスカウト送信はスタッフに任せて、面談・面接に集中

以前、別のスカウト型サービスを利用したときには、運用を任せられる者が社内にいなかったため、私が候補者検索・スカウトの送信を行っていました。しかし、私は営業に出て、現場に立ち会うことが主業務であるため、なかなか十分な時間を取れていませんでした。そのような反省も生かして、今回は新しく加わった2人の事務員に候補者のピックアップとスカウトの送信を依頼することに。どんな人材が「欲しい」かという条件だけ伝えて、あとは任せていました。

結果的に、半年間で700通ものスカウトを送信してくれたり、候補者からの反応が芳しくない際にはスカウト文をリライトしてブラッシュアップしてくれたりしました。私は大阪本社に勤めており、事務員は京都事務所にいるため、普段顔を合わせることはありません。また、電話やメールでのコミュニケーションも最小限しか行っていません。しかし、採用という目的の実現のために、私のニーズをくみ取って、候補者検索とスカウト送信に注力してくれました。ビズリーチの担当者からアドバイスをもらったり、2人で相談したりしながら、運用を進めていってくれたようです。

候補者との面談・面接は私が直接担当しました。面談や1次面接を誰かに任せてしまうと、その担当者から「この候補者はこんな方でした」とエスカレーションされてくる情報のフィルターを通したうえで、その人とお話しすることになるでしょう。そうではなく、直接会ってお話ししたときの感覚を大事にしたいので、最初から私がお会いするようにしています。ビズリーチから、「初回は面接ではなく、カジュアルに話ができる面談という形式にしましょう」と提案されたため、面談を経て面接に進む流れにしました。面談はかしこまりすぎずに話ができ、候補者は選考に進むのかどうか、私たち企業側も当社に合いそうかどうかの判断ができるため、いい機会だと思っています。

1級建築施工管理技士の資格保持者の採用に成功。若手の育成役としても期待

ビズリーチ・ダイレクト経由で、1級建築施工管理技士の資格保持者の採用に成功しました。彼とは面談後、面接を2回行っていたのですが、実は当初は条件面などを理由に辞退の連絡を受けていました。しかし、ぜひ当社で働いていただきたい方であったため、改めてご希望に添えるか検討しました。その結果、彼が当社に入ってくれることで会社に大きなプラスが生み出されると判断できたため、最初に提示した以上の条件を用意できることになったのです。それらを丁寧に説明したところ、彼も納得し、ご家族への説明もついたようで入社を決めてくれました。

広誠株式会社2‗ビズリーチ・ダイレクト導入事例

ビズリーチ・ダイレクトのデータベースには、現職で活躍されている優秀な方が多くいらっしゃいます。彼らは、「家族との今の生活を守りながら、さらにやりがいを感じられる仕事にチャレンジしたい」と思っています。対応できる範囲内で、その気持ちに応えることも必要ではないでしょうか。とはいえ、当社のような中小企業は、どうしても条件面では大企業にかなわないことも多いものです。そのため、手掛けていただきたいプロジェクトの内容などを詳しく伝えて、「ここでなら、自分の価値が最大限発揮できる」と思ってもらえた候補者に入社していただくのが、一番の理想ではないかと思います。

彼の入社はこれからですが、入社し次第現場に入ってもらい、お客様に対して安心感を与えるような仕事ぶりを発揮してもらいたいと思います。私は代表取締役という立場的にも、スピーディーかつ大胆に決断をしていくタイプですが、彼はまた違うタイプで、どっしりと構えて、物事の本質を見て、深く考えてから答えを出すタイプです。だからこそ、私を補ってくれる参謀的存在になってくれるのではと期待しています。また、将来を見据え、今後は若手社員の採用・育成強化を考えているので、私とともに育成役も担ってもらえたらと思っています。

広誠株式会社3‗ビズリーチ・ダイレクト導入事例

コストで比べてみてください


その他導入事例