採用のビズリーチ

採用のビズリーチ

  1. ホーム
  2. サービス
  3. ビズリーチ
  4. 導入事例

「病院らしくない」積極的な事業展開を加速できるチャレンジングな経営企画やM&Aの即戦力人材を採用

人事/日高 由子様

株式会社桜十字

 メディカル
 母集団形成
 51-500名
人事/日高 由子様
病院事業、高齢者住宅事業、健診・人間ドック事業、高齢者フィットネス事業など、医療・福祉分野において多岐にわたる事業を展開している桜十字グループ。2005年、熊本において民間病院で県下最大規模の「桜十字病院(641床)」の運営を開始しました。地域医療水準の向上を目指し、2011年から東京都内でもクリニック経営をスタート、現在23区内で5つのクリニックを運営しています。介護分野においては2013年より介護付き有料老人ホーム事業を東京でスタートし、2019年1月には兵庫県芦屋市に新たな施設を開業、関西進出を果たしました。今後は海外展開も含めて、幅広く事業領域を拡大する予定です。

ビズリーチ導入の背景と効果


ビズリーチを選んだ理由
人材紹介会社を中心に採用していたが、任せたい業務内容や求める経験など正確な情報共有が難しく、候補者に直接アプローチできる手法を求めていた
導入前の課題
・業務拡大、組織強化のために経営企画やM&Aなどを任せられる人材が欲しい
・東京で介護施設(有料老人ホーム)の開設が予定されており、その支配人などリーダー層が欲しい
導入後の効果
・事業拡大の計画やM&Aでの成長実績などをスカウト文面や面接などで伝え、経営企画や人事、M&A担当者など計5名を採用
・医療や介護事業にかける想いを伝え、介護施設の支配人、厨房の管理責任者、介護スタッフの研修担当者など計7名を採用

面接でのミスマッチを減らし、効率的な採用をしたかった

2016年にビズリーチ・ダイレクトを導入し、経営企画や人事、M&A担当者などの本部機能の担当メンバーを計5名採用。さらに、東京で今後展開する介護施設の支配人、厨房の管理責任者、介護スタッフの研修担当者、広報を計7名採用してきました。

ダイレクトリクルーティングの魅力は、欲しい人材をピンポイントで探せる点でした。それまでは人材紹介会社をメインに活用してきましたが、担当者と当社との間で、求める人材の認識に相違があり、ご紹介いただいても採用に至らないケースが少なくありませんでした。候補者と直接コミュニケーションをとれた方が、仕事内容や任せたいポジションについて正確に伝えられるのでは……という思いがありました。

ビズリーチ・ダイレクトの導入によって、候補者の検索、スカウト文の作成、面接日程の調整など、採用業務の工数は増えます。しかし、欲しい層だけにアプローチできるので、お会いできた際のミスマッチが起りにくく、採用までをトータルで考えれば効率的だと感じています。

「コンサルティング経験」「M&A」といったキーワードで、候補者の興味を引き出した

経営企画や人事、M&A担当者の採用に関しては、データベースから候補者を絞る際に2段階で運用していました。

まずは、細かい検索条件をすべて入れ、ピンポイントな層20~30人にスカウトを送ります。ログイン履歴があるなどアクティブに活動している方はさらに絞られるので、数名から返信があればいいと考えていました。次に、そこから医療業界経験の条件をなくしてターゲット層を広げていきます。

例えば経営企画職であれば、医療業界の経験や興味がなかった方でも、医療・福祉業界の今後の動向や、当社の事業展開、M&Aで成長してきた点を伝えることで「面白そう」と感じてくださる方がいます。代表がコンサルティング経験者というのも医療業界では特殊なので、スカウト文面ではその点もアピールしました。

ほかにも、一人一人の職務経歴書から、これまでの経験で生かせそうな仕事を具体的に記しました。「前職○○会社で**に携わってきた経験は、当社のこのポジションでこんなふうに生かせます」と固有名詞をきちんと入れ、候補者の方に「自分を求めてくれている」と感じていただけるよう意識しました。

実際に経営企画職で採用した方には大手人材サービス企業経験者、予防医療の事業責任者には外食チェーンのコンサルティング経験者など、他業界の方が多くいます。面接では「M&Aなどの事業展開や成長スピードに引かれた」という声を多くいただき、経営をよく知っている方にも魅力的な環境なのだと感じています。

一方、介護施設の支配人など、現場に近い職種の採用においては、「想い」を軸にコミュニケーションをとっていました。

医療業界経験者、介護業務経験者は、患者様への想い、地域に貢献したいという気持ちを軸に働く環境を選ぶ傾向が強く、「想い」や「情熱」をいかに共有できるかが大事です。ダイレクトなアプローチは、候補者へのファーストコンタクトの段階で「想い」を伝えやすいので、当グループの採用にはよくマッチしていました。とくに、これから開設する介護施設の支配人募集などは、業務内容が未知な段階での採用なので、想いに共感いただき、新しい事業に挑戦していく意欲が大切です。スカウト文面でも、チャレンジングな社風をしっかり伝え、そこをご理解いただいた状態で選考フローに入れるように心がけました。実際に、スカウト文面をよく読んで返信いただける方が多く、一次面接の段階で役員の方と具体的な条件面のすり合わせができるなど、スピーディーに選考を進めることができました。

理念や想いを伝えたい企業にこそ、ビズリーチ・ダイレクトは合っている

即戦力を探すためのピンポイントな条件から緩めな条件まで、候補者をいかようにも絞り込める点はビズリーチ・ダイレクトの大きな魅力だと思います。過去の経験やスキルはもちろん、候補者の希望条件まで検索できる。本人の意欲までイメージしたうえでマッチングが図れるので、とても助かっています。

また、ビズリーチ・ダイレクト経由でお会いする方は、自分の経験が具体的にどう生きるのか、具体的な市場価値が知りたいという意欲的な方が多いように感じています。直接やりとりできるからこそ、お互いがフラットな立場で会える。一次面接で、どんな業務内容を任せたいのか、理解の相違が起こらないようすり合わせできるのも、ビズリーチ・ダイレクトならではでしょう。

介護経験者を採用する当社のように、比較的特殊な人材採用を考えている企業や、理念や想いをしっかり伝えたい企業には、適した採用手法なのではないかと思います。

株式会社桜十字1_ビズリーチ・ダイレクト導入事例

株式会社桜十字2_ビズリーチ・ダイレクト導入事例

その他導入事例